« December 2004 | Main | February 2005 »

out of my knowlegde

出身校で判例研究会。1件目、知的財産権法専攻の院生のKさんがエキサイティングな報告をしていたが、専門外なのでついていけない部分が多かった。2件目はJ大学のY先生が、某銀行のプロジェクトファイナンス失敗に関する代表訴訟(株主敗訴)のご評釈。ガラガラポン的な判決で、評釈に苦労された跡がまざまざと見えた。

<今日のご飯>
朝:ご飯、味噌汁、納豆
昼:菓子パン
夜:ご飯、味噌汁、わかめとねぎのごま油炒め、白菜の簡単煮

帰り道、G大のK先生に「自炊してるなんてえらいですね」といわれてしまったが、自炊は実は結構簡単である。とにかく、抜ける手間は全部抜く。お米は胚芽米や無洗米を使えば、とがずにすむ。味噌汁だって、煮干を手でパキパキと折って鍋の中へ水と一緒に入れておけば、おいしい出汁が出るし、そのまま食べてしまえるからごみも出ない。昆布だしの場合も同様。人参とか大根とかは、よほど繊細な料理でない限り、皮をむかない(実は、皮は結構おいしい)。そんなことで、グンと楽になる。そして、疲れたときはやらない。これが長続きする一番のコツだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

久しぶりのライブ

昼下がりまでボンヤリと過ごす。

夕方、渋谷まで、野亜研司さんのワンマンライブを聴きに行く。ライブハウスに行くのは去年6月の野亜さんのライブ以来、約半年ぶりである。やっぱり、音楽は生がいいということを実感した。野亜さんの歌は、言葉をすごく大事にしていて、メロディが詞草を包むように存在しているのがすごく良い。お勧め(なお、公式HPはここから)。

ところで、上のリンク先で野亜さんが

>日々、色んな世代の人と関わらせて頂いて感じる事なのですが、
>「人見知り」や「思いを表現できない」と思っている人って、すっごい
>多いと思うのです。

と書かれているが、僕の場合、最近の自分について感じているのは、「思いを表現できない」とか言う前に、その思いに乏しいということ。言い換えれば、「感情の起伏がなだらかになってきたなあ」ということ。あまり泣きたいと思うようなこともないし、あまり笑いたいと思うようなこともないし、なんとなく淡々と生活が流れているような気がする。それがいいことなのか悪いことなのかは分からないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうすぐ週末?

試験の採点について、某先生のところへ相談に行ってきた。単位をあげる・あげないの差は紙一重で、それで人生を左右するかもしれないと考えると、つい甘くしてしまいそうになる。しかし、それでは社会に対する責任を果たせない。心を鬼にしなければならないときもある。

<今日のご飯>
朝:ごはん、味噌汁、納豆、ぶり大根、小松菜のおひたし
昼:ぶり山椒ご飯(お弁当)
夜:小松菜と叉焼のラーメン、わかめと小女子の酢の物

お昼はぶり大根(まだ残っている!)のぶりの身をほぐして、これまた残っている山椒の実の佃煮と一緒にご飯に混ぜ込んだもの。おいしかった。お試しあれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

社会人にあるまじき生活

おととい・昨日と、再び自宅の片付けに没頭。父に「台所用の作業テーブルを作って欲しい」と依頼しておいたところ、昨日「下見に」ということで母も一緒に来てくれた。早速材料を買いに行ったのだが、案外材料費が高いことが判明。自家用車では運べないし、設計しなおしということで何も買わずに帰る。そのあとK駅前でインドカレーを食べ(親におごるなんて初めて!)、部屋の掃除までしてもらってしまった。お父さん、お母さん、ありがとう。
(今日のことはまた項をべつに立てます)

<こんな本を読んだ>
川島誠「NR(ノーリターン)」角川書店
本の帯に惹かれて購入。交通事故で記憶喪失になった主人公が、事故前に関係していたいろいろな人にどんどん振り回されるお話し。ざっとよんだだけだが、まず「ざっと読みライトノベル」としてジェットコースター的で面白かった。一方、現代社会批評として読むことも可能かもしれない。世の中に熱中しているいろいろなことも、一歩引いて冷静に見てみるとつまらんことばかりなのだ、というシニカルな見方を提示しているようにも見える。二面性を有している(ように見える)点で、「いいお話し」で終わってしまった(少なくとも僕はそう思う)小川洋子「博士の愛した数式」よりは出来がいいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

採点

金曜日の試験の答案を受け取ってきて、研究室で採点。30枚に満たない数だったので、1日で終わった。しかし、本当の苦悩はここから始まるのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

 出身校での判例研究会。1件目はY先生が、化粧品会社による販売代理店契約の解除が独禁法違反に当たり違法であるとした高裁判決についてご評釈。判決文からは何とも実態がよくわからないが、フロアの議論の中で「販売代理店といえども商人なのだから」というのにはやや疑問を感じた。販売代理店といっても、主婦が片手間に始めた場合とかも多いわけで、それがだんだん規模が大きくなっていったとしても、化粧品会社の掌で踊らされているだけなのかもしれない、と僕自身は考えている。そうだとすると、無条件に「商人だから」と割り切ってしまっていいのか、正直に言って自信がない。
 2件目は博士課程のFさんが、証券会社による子会社清算の際の援助金支出が経営判断の裁量の範囲内とされた判決についてご評釈。Fさんは「裁判所が内容に踏み込むことは難しいから、前提事実の認識から当該経営判断まで、合理的なプロセスに則ってなされていたかを見るべきだ」という趣旨の報告をされていたが、前提事実の認識と経営判断の際のコスト・ベネフィット計算とを一緒くたにしてしまっていいのかという疑問がある。確かに、前提事実と経営判断をそこまで截然と区別できるのかといわれると、そうかなあという気はする。しかし、何から何まで認識プロセスを立証しなければならないとなると、経営者としては大変だという感じはした。この点を研究会後にFさんに聞いてみたら、「無償行為の場合は」という限定をつける趣旨のようだ。まだ何か検討しなければならないことがありそうな気もするが、とりあえずは納得。

夜は、博士課程のTさんの結婚お祝いコンパ。彼女が研究生として出身校に入ったのと、僕が修士課程に進学したのとが同じ年なので、大きな感慨がある・・・ううう、僕も負け犬街道まっしぐらなのか・・・(泣)

<今日のご飯>
朝:ごはん、根菜の澄まし汁、ぶり大根、大根の皮のきんぴら
昼:近江のおいしい鴨飯弁当(草津駅:京王百貨店の駅弁祭り)
夜:コンパ(本郷三丁目・だん)
お昼のお弁当、鴨の姿をしたお弁当箱がかわいくて購入したが、弁当としてはいまいち。鴨肉が1切れしか入っていないとは思わなかった・・・うつわがなかったら、買わないだろうな。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

週末ダイジェスト

引っ越ししてそろそろ4ヶ月になろうとしているのに、いまだに自宅にネット環境がありません。いきおい、週末についてはダイジェスト版になってしまいますが、ご了承ください。(そろそろ何とかしないと・・・)

21日(金) 20日に引き続いて試験監督。今日は午後の担当で、自分の講義の試験も監督した。ふつう、退室可能時刻になると何人かは答案を提出するものだが、その試験ではゼロ。単に人数が少なかったからなのか、みんな優秀であきらめる人がいなかったからか、はたまた難しすぎたせいなのか・・・

22日(土) お買い物のために銀座へ。人へのお遣いものなので、たまたま月島に来る用事のあった母に、見立てを助けてもらう。しかし、1軒目にのぞいたお店でいいものがあったので、あっさり終了。あと、自分のために万年筆を買う。いい筆記具を買うと手紙を書きたくなるのはなぜだろう。

23日(日) 一日中、家にいる。月曜日に買った大根をいい加減に使わなければと思い、ぶりのあらを買ってきてぶり大根を作る。しかし、①大根よりぶりのあらの方が多くなってしまった。これはご愛敬としても、②煮こごりができなかった。これはすごく残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

night exam

勤務校では今日から学年末試験。早速、夜の時間帯の試験監督にかりだされる。出身校では試験時間は2時間であったが、勤務校では1時間である。試験問題を出す側としては、時間が短い感じがする。

<今日のご飯>
朝:ご飯、納豆、ごぼうと人参の味噌汁、里芋の上品煮、苺
昼:かき揚げ天うどん(生協4階)
夜:ごはん、角煮、大根の漬物、インスタントお吸い物

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休養日

 洗濯物とかたくさん溜まってしまっていたので、一日じゅう家事をこなす。布団なんか10日ぶりくらいに干したら、マットが湿気で重くなっていた。不健康だ!いろいろな書類などで埋もれていたコタツの上も、まあ何とかなるくらいに整理。

<久々!今日のご飯>
朝:チーズトースト、ハムエッグ、コーンスープ
昼:水菜のスパゲティ
夜:ごはん、野菜と豆腐のスープ、豚の角煮、里芋の上品煮、大根の漬物

昨日、近所のスーパーで豚バラブロックの大安売りがあったので、1kgも買ってきて、豚の角煮をつくった。そして余った煮汁で野菜スープ。豚の味が存分に味わえて、幸せ。もっとも、角煮は1日1切れと決め、8日かけて食べきろうとしている。我ながら、せこい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

一周ツアー

出身校でおなじ共同研究室にいたEさんが、「一度Kさんの研究室を見てみたい」ということでご来駕。勤務校の多摩キャンパスをぐるりと一周してきました。Eさんいわく「外観はすごい未来っぽいですね。映画のロケとかもできそう」。たしかに外観は未来っぽいんですが、ところどころ不都合もあるみたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ああ、疲れが抜けない・・・

 出身校の判例研究会。行きがけに、早稲田の穴八幡社で「一陽来復」のお守りをいただく。壁に貼って使うものなのだが、自宅は借家なので使えない。なので、自分は懐中お守りだけにして、実家用にいただいていく。
 判例研究会は2件だったが、昨日までの疲れからか、うつらうつらしてしまって、ほとんど聞けなかった。これでは行った意味がない・・・いや、新年恒例の花びら餅を食べたからいいか。(よくない!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2日目

センター試験の監督業務第二日目。疲労の蓄積が著しく、教室の後ろで座っているとうつらうつらしてしまう。そして、最後の最後で集中力を試されるようなことがおきた(詳細はいえないが、結果はセーフ)。審判と同じで、最後まで気を抜いてはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第1日目

センター試験の監督業務、第一日目。自宅近くでは雨だったのに、勤務校近くでは雪。やはり寒いのである。試験のほうはつつがなく進んだが、教室はじっとしていると薄寒く、疲れた。その後、研究室でメールチェックをしたら、ゼミ生(の友人)の人生相談が必要になり、菊名までいく。帰り、すんでのところでバスに逃げられた。走っていってたのだから、乗ることぐらい想像できたろうに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実家の車で宇都宮へ移動。伯父の通夜に出席。通夜振る舞いをいただいたあと、新幹線で帰宅。本来なら、宇都宮から東京までなんて、新幹線を使う距離ではないのだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どたばたどたばた

今日は正午から会議。ふたたびお弁当支給であるが、今日は風邪気味ですこしだけ吐き気があり、食べるのに苦労した(ならば食べるな、といわれそうだが、根が卑しいので残せない)。その後、保健センターで診察を受ける。明日は亡くなった伯父の通夜で強行軍になるので、直りかけとはいってもさすがに医薬に頼らざるを得ない。その後、行きつけの床屋で髪を切って(これは前々からの予定)、実家へ移動。

<今日のご飯>
朝:パン、プリン
昼;支給のお弁当
夜:カレーライス
朝はポカリスエットで何とか押し込んだだけだったが、夜はまあしっかり食べられた。2日近くまともに食べてなければ、お腹も空く。

※ブログのデザインを変えてみました。100%オレンジ、新潮文庫のキャンペーンで見かけて以来、結構好きなんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイジェスト

このところ倦怠感が強くて、ちょっとした日記もかけないくらいでした。そこで、この3日間をダイジェストで。

10日:実家近くのコーヒー店で福袋を購入。中身がちゃんと分かっている福袋だった。1万円以上するコーヒー用ポットを5000円で購入。(中身が見えない福袋を買う人の気持ちがわからないという人もいますが、僕はそういうのも結構好きです。自分では絶対に買わないものが入っていて、着てみると意外と似合ったりとかします。百貨店の福袋だとハズレは少ないのですが、朝早く並ぶのが大変で、最近は買っていません・・・)

11日:新年初登校。しかし倦怠感でなにもできず。登校するだけで精一杯。夕方、ゼミ生が試験の答え方について質問に来る。憲法の問題を考えたのなんて何年ぶりだろう。夕飯は鏡開きでお汁粉。

12日:2年生ゼミと講義の最終日。体調が悪く、気持ちが乗らない。何とかして乗り越える。ごく軽い吐き気があり、おなかの調子も悪いため、朝飯以降何も食べず。夜、伯父急逝の報せが入る。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久しぶりのロングドライブ

家族で成田山へお参りに行く。なぜか運転ということになって、何ヶ月ぶりかでロングドライブ。混雑がなければ1時間で行く道だが、途中に大型ショッピングセンターができたり、初詣客が多かったりで、2時間半もかかってしまった。とくにラストの2キロを進むのに1時間。エンジンを切ったり入れたり、忙しかった。

<年賀状雑感>
今年の年賀状は、「子供ができました」「子供が○歳になりました」という写真入りのものが多かったような気がする。子供がかわいい親の気持ちはわかるし、見ていて幸せそうで嬉しくはあるのだが、縁遠いこちらとしてはいささかいたたまれない。某エッセイではないが、「お前は負け犬だ」と突きつけられているように感じてしまう。そんななか、「独身に戻ってしまいました」という賀状もあって、本人には申し訳ないが「おお、友よ」と抱きしめたい気持ちになる。

<今日のご飯>
朝:ご飯、粕汁、キャベツとにんじんのサラダ、野菜炒め、各種漬物
昼:うな重(肝吸い付)、うな肝串、どぜうの唐揚げ(酒々井町 名鳥)
夜:パンだけ
酒々井町は、実はうなぎが名物だったりする。印旛沼で養殖しているらしい。宗吾霊堂から甚兵衛渡しへ抜ける直訴道沿いには何軒もうなぎやさんがあるが、はずれという店はあまりないらしい。僕は今日行った「名鳥」という店しか行ったことがないが、この店、外観は大衆食堂風。しかし、うなぎの味はとてもいい。値段もリーズナブル。成田山詣での楽しみは、実はここにあったりもする。(昔は成田空港に行くという楽しみも会ったが、最近は空港に行くと旅行に行きたくなってしまい、かえってストレスになるので、行かないことにしている。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう年か?

お正月にくじいたと思われる左足首、これまではなんともなかったのに今日になって急に痛くなったため、鍼を打ちに中目黒まで行く。こんなに遅れて出てくるのは、年を取ったせいなのか?その後、所属している審判委員会の会合に出席。今日は実家に泊まる。

<今日のご飯>
朝:小松菜ご飯、たまねぎの味噌汁、里芋の煮転がし、大根の漬物
昼:うどん
夜:なし
このところ少し食べすぎなので、昼からはセーブ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

引き続き

部屋の大掃除と講義要綱の執筆。はかどったような、はかどらなかったような。

<今日のご飯>
朝:七草粥、紅白なます
昼:スパゲティ・カルボナーラ・失敗版
夜:小松菜ご飯、豚肉の柳川、里芋の煮転がし、たまねぎの味噌汁
カルボナーラの失敗の理由:とろけるチーズを入れたまでは良かったが、火を通しすぎてしまった。分離してしまって、モロモロに。チーズは麺にからめる直前に入れよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今頃になって

大掃除を始める。ただし、寒いせいか、遅々として進まず。夜、来年度の講義要綱の執筆。

<今日のご飯>
覚えているのが夜だけなので・・・
夜:ご飯、ごぼうと里芋の味噌汁、さばの味醂干、紅白なます
今頃になってなますをつくってみたりして。味噌汁には京風の白味噌を使ってみたが、この具には合わないようである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実家から、自宅へ帰る。そして深大寺へ初詣で。

ご飯は、忘れてしまいました。ただし、お昼に深大寺そばを食べました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寝正月

午前10時起床。今朝の夢は、鹿児島駅(なぜ?)で特急切符を買えずに四苦八苦するという、わけのわからない夢だった。県庁所在地にしてはうら寂れた駅だった。鹿児島中央駅(旧・西鹿児島駅)ではなかったからだろうか・・・

今日は一日、のんびりと過ごす。本屋さんにいったが、目当ての本は売り切れの様子。残念。

<今日のご飯>
朝+昼:魚のスパゲティ・トマト風味
夜:お雑煮、お汁粉

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ああ、残念。

昨日に続いて箱根駅伝で勤務校の応援。総合優勝も復路優勝も逃す。特に復路優勝は10秒の差もなかった。残念である。応援が終わったあと、思い切って帰ることにする。いとこの子供、すねてしまう。しかし3日間、毎日サッカーの相手をしていたら、とても身体が持たない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれれ。

朝、箱根駅伝を見る。勤務校は、期待の新人が出遅れてしまった。後のランナーが頑張ってずいぶん挽回したが、往路優勝ならず。合間合間にいとこの子供の遊び相手。へとへとになって、帰るタイミングを失する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あけましておめでとうございます

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

さて、毎年の吉例で、紅白を見終わったら近所のお寺へ除夜の鐘を突きに行く。今年は大晦日に降った雪が残って凍り始めていたせいか、行列がいつもの3分の2であった。
 その後、母方の檀那寺、町内の鎮守様におまいりしたあと、そのまま宇都宮二荒山神社に初詣。こちらも雪のせいか、いつもは山門下の鳥居をくぐってから3回か4回は混雑で入場規制をかけられていたのだが、今年は1回だけだった。境内もなんだか空いていて、いつもは横っちょからお賽銭を放り投げるのが、今年はちゃんと正面に並んでしまった。
 それにしても、途中に通ったオリオン通りでは特攻服を着たお兄さんお姉さんが車座に座って集会をしたりしていた。上野さん(=百貨店)がつぶれた後も入っていないし、宇都宮の中心部はずいぶん荒んだような気がする。

 朝起きて、お雑煮とお屠蘇をいただいたら、こんどは父方の実家へ。ついて早々、いとこの子供(=小学2年)の遊び相手。室内でサッカーごっこを延々とする。夕方からは親戚が集まって新年会。大分ふとってきた人が約2人。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »