« August 2006 | Main | October 2006 »

よくわからない

新国立劇場にヴェルディの歌劇「ドン・カルロ」(4幕版)を観にいった。音楽はとてもよかったのだが、ストーリーは分かりにくい。冒頭にドン・カルロ(主役)が先王カルロ5世の墓の前で修道士の声を聞いて「先王の声だ」といって恐れるシーンがあり、エンディングでドン・カルロが先王の霊に墓に引き入れられるのをみて現王(ドン・カルロの父)がやはり「先王の声だ」といって恐れる。しかし、なぜそれほどに先王を恐れるのか、ストーリーのなかからははっきりしないので、エンディングの鋭さがぼやけてしまっている。4幕版は元のストーリーを縮めたもののようなので仕方がないのかもしれないが、そこが残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんと豪華な

所用があって、実家に帰った。所用というのは、実家のあるF市のサッカー審判資格の更新講習のお手伝い。最近はほとんど審判をやっていないので後ろめたいのだが、それでも情報交換やルール解釈の確認など、有意義な時間を過ごした。暇な時間に、原稿の校正などもシコシコと(=ナマケモノの節供働き)。

今回の実家での食事は、ずいぶん豪華だった。昨日はすきやきをしてくれたし、今日は姉の嫁ぎ先から頂いた松茸で炊き込みごはん!本物の松茸なんて、これまでの人生のなかでもそうそう食べたことがない(松茸風のお吸い物なら、何度も飲んでるけど)。ああ、胃が痛くなければたっぷり食べたのに。でも、香りを味わえただけでもう満足。








| | Comments (0) | TrackBack (0)

この弱さを如何せん

この一週間は、ほとんど仕事にならなかった。というのも、おそらく夏ばて+原稿の追い込み+合宿の疲れが一気に出たらしく、ひどい肩こり+胃痛(こっちは軽いが)に悩まされているからである。鍼に行ったり、大学の保健センターで胃薬をもらったりしたのだが、改善の足取りはやや重い・・・。授業も来週再開なのだが、いまだにレジュメを完成させていない。内容は考えているのだが、集中力がつづかないのでどうしようもない。

体調が悪いせいか、考えがネガティブにネガティブに動いていくのが分かる。このところ口ずさんでいるのは菅公の「駅長驚く無かれ時の変わり改まるを 一栄一落是れ春秋」だったり、白居易の「往時渺茫としてすべて夢に似たり 旧遊零落して半ば泉に帰す」だったり、あるいは王翰の「酔うて沙場に臥す君笑うことなかれ 古来征戦幾人か回る」だったり。暗すぎて却って笑ってしまいそうだ。

ああ、あと10日間、夏休みが長かったらなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽しいことはあっという間

昨日まで、ゼミ合宿だった。他の大学の先生方のゼミと合同で合宿をやるようになって3回目。最初は2校、去年は3校、今年は4校と、だんだん規模が大きくなっている。このままいくと10年後には14校?いや、まさか。

初日は新宿に7時集合、会場の蒲郡まで観光バスで移動。そう、関西の大学もあるので、今年は中間点でやろうということになったのである。蒲郡まで5時間弱だったが、一緒に行ったG大のにぎやかさに比べて、うちの大学は静かだったなあ・・・。いや、決して白けてるわけではないし、大貧民などもやっていて楽しかったのだけど、やっぱり性格がでている。

で、到着後さっそく合同ゼミ開始。ディベートで対抗戦をやった。今年はゼミ生の自主性にほとんど任せた(放置とも言う)が、2勝1敗。よく頑張ってくれたと思う。しかし、他にも2勝1敗が2校あって、総合では3位と言う結果に。1回も勝てなかった昨年よりは良かったが・・・来年はもっと頑張ろう。

2日目はレクリエーションということで、ミニサッカー(フットサルにあらず)を。しかし、想定外の暑さで、会場に着くころにはばててしまった。もっと涼しければ沢山できたのに、残念・・・。でも盛り上がって、よかったよかった。

そしてコンパでは、予想にたがわぬ盛り上がりぶり。今年は記憶を飛ばさずにすんだが、最後まで会場に残ることができず、体力の衰えは否めない。焼酎の飲み比べもやりたかったが・・・

本当に、楽しいことはあっという間に過ぎ去ってしまう。これで夏休みのあいだの行事もほぼ終り。10日後には冬学期の開始である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

更新を怠って申し訳ありません

二旬ぶりに日記を書きます・・・怠って申し訳ありません。どうも夏ばて気味で、鍼にも整体にも行ったのですが、完全には復調していません。せっかく自宅にクーラーが入ったというのに、このばてっぷりは何なんでしょう。今日も研究会で心配されてしまいました。N先生、K先生@OC大、K先生@W大、ご心配をおかけして申し訳ありません。単にプレッシャーに弱いだけです・・・。

この20日間は、ひたすら原稿書きに追われた日々でした。8月末締め切りのコンメンタールと、今日の研究会を目処に75%くらい完成させなければいけないはずの論文・・・いずれもまだ完成していません。とほほ。おまけに、ロースクールのお手伝いもあったりして、本当に休みの日は家で倒れてました。こんな感じなので、部屋は散らかり放題。ああ、夏休みがあと10日間延びてくれたらなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »