« November 2007 | Main | January 2008 »

今年を振り返って

 月日のたつのは早いもので、前回のエントリからぼやぼやしているうちに、今年もあと2日と少しを残すのみになってしまいました。そこで〆として、今年を振り返ってみたいと思います。振り返ってみると、公私ともに停滞していたなあ、というのが正直な感想です。

 まず研究面について。新しく公表した論文・評釈ともになく、博士論文を手直しした連載が1本のみ。あとは通信教育部の機関誌や勤務校父母会向けの機関誌など、エッセイのようなものが数本のみでした。とてもとても「研究者」と呼べるような状況ではありません。恥ずかしい限りです。

 敢えて言い訳をすると、どちらかというと教員としての活動に力を入れていた(=入れざるを得なかった)ので、どうしても研究に割く時間が少なくなってしまったというのもあります。
 勤務校関係では、企業法総論の講義が3年目、会社法の講義も2年目となり、勢いで突っ走っていた時には見えなかったボロもあちこちに見えてくるようになりました。また、ソクラテス・メソッドの講義や通信教育部の短期スクーリング(3日間で1科目を話しきる)を初めて担当し、その難しさを思い知りました。
 加えて、初めて法学部ではないところで講義を担当させていただいて、自分の講義がいかに文脈に頼り切っていたのかということを思い知らされました。
 そういった諸々のことへの対応で手一杯になってしまって、研究面が疎かになってしまったことは否めません(いや、それではいけないのですが)。さらには演習(ゼミ)の準備も不十分になってしまい、参加学生には申し訳ないと思っています。

 正直に言うと、いとうY先生のブログでも問題提起されているように、大学の授業でどこまで社会実践を視野に入れなければならないのか、未だに手探りの状態が続いています。学生のインターン経験報告などからも分かるとおり、講義や演習なんかよりも実務経験の方が学生にとっては数倍面白いのでしょうし、教員がいくら頑張ってみたところで社会に出ることを目指している学生に実務以上のことを伝授する自信はありません。「では基礎的なことを教えればよいではないか」という意見はもっともなのですが、基礎的なことをやり始めるとあまり面白がってくれない、というのがつらいところで、来年もこの手探りがまだまだ続くことになるのかもしれません。

 私生活の方でいえば、今年はサッカー・フットサルの審判活動から遠ざかってしまいました。ともに片手で足りる程度しか行っていません。で、技量が落ちて、自信がなくなって、ますます遠ざかるという悪循環になっています。一つには健康不安・体力不安が強かったという点があります。この点は、トレーニングをもっと積極的にやらなければならないだろう、と思っています。とりあえず走ることから始めないといけないな、と感じています。
 夏休み以降、長期的に体力的・精神的に不安定になってしまったのも、やはり体力不足が大きな要因になっているのではないかと思いました。とくに11月後半以降、冬休みに入るまで半病状態が続いてしまい、それがいろいろなところへの悪影響につながってしまいました。まだまだ未熟だなあ、と強く感じます。

 今年のブログは、この記事で打ち止めにしたいと思います。来年については、また新しい非常勤をお引き受けすることになったり、留学に出られる先生の演習をお預かりすることになったり、原稿の締切りが迫っていたりといろいろありますが、今年よりはもう少し前向きになれたらいいな、と思っています。(もっとも、自虐的な芸風なので、どこまで前向きになれるか分かりませんが…) まずはESPさんのブログにもあった「1日30分!」から始めましょうか。

 このブログをお読みの全国20人(←5人増えた(^^))の読者のみなさん、今年一年、いろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。来るべき平成20年が、みなさんにとって良い一年となりますように。

では、よい歳をお迎えください。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

貫く棒の…

去年今年 貫く棒の 如きもの   虚子

いや、本当は引用する場面が違うことは百も承知なのですが…。今日が誕生日でして、昔は誕生日というと何か特別な日で、少しだけ何かが変わったような気がしていたのですが、三十路も後半にさしかかってくると、別段普通の日と変わりないわけで、今日もグダグダと授業をやってきたわけです。

いや、昨日、理屈をつけて無理やりゼミの顔合わせコンパをやって、何とか盛り上げてみようかなあと思ったわけですが(そしてコンパはものすごく楽しかったわけですが)、何だかんだ言っても誕生日に冷めている自分がいるわけで、これってもう心も冷えたのかなあ、という気がしているわけです。

ウッカリして甘いお茶なんて飲んだり カッコつけてピアノなんか弾いてみたり
大人じゃないような 子供じゃないような 何だか知らないが 輝ける時
誰かと恋をしたら そんな時は言いたいなあ

(中略)
そしてうっとりとブルース かなり切ないブルース
部屋片づけたら さあちょっとだけ踊ろう!
夢で見たよな大人って感じ? ちょっと判ってきたみたい

(小沢健二「大人になれば」)

まあ、その割には、部屋は片付かないよなあ…。
おかげで、自宅では仕事ができません。研究室も然り。
通教のスクーリングの採点は昨日ミスタードーナツ狛江店で、
授業のQ&Aの作成は本日ミスタードーナツ聖蹟桜ヶ丘店でやりました。
ああ、再びおデブの道へ…

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ダメでした

少年チームのお手伝いで、本当に久しぶりに、稲毛までサッカーの審判に行ってきました。副審×1、主審×1。いや、本当に身体が動きません。おまけにゲーム前半の目まぐるしい動くについて行けず、ファールの判定基準が甘くなってしまいました。はあ、やっぱりやってないと下手になりますね。

帰りに、てんやで新しい「北の幸天丼」を。真鱈の粕漬けの天ぷらが美味でした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »