« June 2009 | Main | August 2009 »

もう少し、あと少し

ただいま、試験および演習の採点が絶賛(?)進行中。

演習についてはサクッと終わりましたが、試験の採点に四苦八苦、七転八倒しています。某所では「けっこう厳しくてツッコミどころ満載」という評判のようですが、今年の撃墜率は案外低くて、1割行ってないかもしれません。…○×で60点は、ちょっと多すぎました。反省しています。実力を測れない。40点くらいのほうがちょうどいいみたいです。

商学部の会社法は終わり、法学部の会社法も定期試験部分は終了。あとは、任意レポートのみです。これから、より詳細な採点基準を作ります。

ところで、今日は歯医者の日でした。右下の、いつのまにか大きく成長していた虫歯の治療。レントゲンを撮った時は「これは神経を殺さないといけないかもしれない」といわれてビクビクしていましたが、今日の診察で、
「ちょっと叩いてみますねー。…痛くないですか?」
「いや、痛くないです」
「じゃあ、神経残せるかもしれませんねー」
で、結局、神経残せました 神経を抜いちゃうと、どんどん劣化すると聞いたことがあるのですが、どうやらまだ何年かはもちそうです。で、本日は仮詰めで終了。

【今日のごはん】
朝:ごはん、味噌汁(インスタント)、納豆、トマト
昼:ごはん、豚汁、回鍋肉(生協2階)
夜:阿波尾鶏(あわおどり)のスパイシーカレー(ジョナサン)

はい、なぜジョナサンに行ったか分かりますねー?そうです、採点のためです。明日も、多分ジョナサンに行きます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

一回休み。

昨日の火曜日は「会社法Ⅰ」の最終日。すでに定期試験も終わった以上やむを得ないかなあ、という気はしますが、出席者は20人足らず。試験受験者が134人いたことを考えると、なんとも寂しい限りです…。

で、今回は最終回特別企画ということで、憲法のH本先生をお迎えして「憲法と商法の交錯」ということでミニシンポジウムをやってみました。テーマに選んだのは「競業禁止特約と『営業の自由』」ということで、取締役退任後の競業禁止の特約について、もっと広範に有効性を認めていいのではないかという立場でこちらが立論し、H本先生にぶつけてみました。

予想としては「営業の自由の人格権的性格」(樋口陽一先生的な)が出てくるかなあ、と思っていたら、「公序としての営業の自由」という議論が出てきて、ちょっとびっくり。ただ、少なくとも現在の判例の枠組みの中ではそのようなことは考慮されていない(代償措置の有無は競争制限とは何の関係もないはず)としても、競争秩序をそのような公序としてみて、競業禁止特約締結の自由(=私的自治の派生形)を制約していくことは可能なのでしょう。私人間の争いでどれだけその論点を争えるのかは、整理がつかないのですが。

午後からは労組のお仕事。執行委員会+都庁で所用+後楽園キャンパスで団交。移動の電車の中でビスケットを少し食べただけで10時半まで真剣勝負をするのは、ちょっと疲れました…。

そんなわけで疲労困憊、頭痛もしてきたので、今日(水曜日)は1日休むことにしました。本当は試験の採点やら何やらと「終わったようで終わっていない」状態なので、身体に鞭打ってでも仕事しないといけないのですが、さすがに頭をやられているとどうしようもありません。ただでさえ働きの悪い頭が、ますます悪くなってしまいます…。

東京は分厚い雲で日蝕も見られず、ただただ休養の一日でした。

【今日のごはん】
朝:ごはん、味噌汁(豆腐)、ひき割り納豆、瓜の浅漬け、らっきょう
昼:そうめん、オクラのたたき柚子ポンかけ、トマト、しそ豆腐
夜:パン、塩漬け豚とモロヘイアのスープ、目玉焼き、ポテトサラダ

ほとんど野菜ばかりのメニュー、うちのゼミ長が来たらまず対応できないでしょうねえ…(笑)。治りかけとはいえ口内炎がまだ痛い(『呪詛されている説』もありますが)ので、栄養をつけることを第一に。夏になってトマトがおいしくなったので、毎日1個は食べるようにしています。もっとも、今日は涼しかったので料理できたのですが、熱帯夜が続くとグラノーラになることでしょう(笑)。

ところで、スーパーで買った白ワインが「砂糖入ってるの?」というくらい甘かったので、シャーベットにしてみました。昨年買ったアイスクリームメーカー、二度目の始動(笑)。しかし、凍らせるとちょっと渋みというか苦みというか、飲んだ時の甘さはどこへ?という味に。きちんと固まるのは明日だと思うので、またレポートします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

三連休??

今朝のラジオで、「今日は3連休の最終日ですが…」と言っていました。思わず「え?」と考え込んでしまった僕。そうです、この3日間、ずっと働いてます。

とはいえ、土曜日は研究会だったので、働いているという感覚はあまりありませんでした。とはいえ、「仕入れ」ですから仕事の一部なんでしょう。今回は、勤務校のM先生が経営判断原則についてご報告、A学院大のT先生が口座名義人の意に沿わない形で振込処理された預金債権を、被仕向側の口座名義人が行使することができるかどうかが争われた事件についてご評釈。誤振込であっても預金債権が成立するという平成8年最高裁判決と整合的な処理なので、あまり難しく考えずに賛成してもいいのかもしれませんが、民法478条との関係は、なんともよく分かりません…。で、夜は調布市花火大会。一人で見る花火も、それなりに楽しいものでした。

日曜日はオープンキャンパスで模擬講義。教室が満員で、ちょっとトバシてしまった感がありますが、それなりに好評だったようで、まあよしよし。終わった後は、Y先生と立川でうなぎ(丑の日だったので)。関西風の焼き方で、とてもおいしい店でした。時間が早かったせいか込み合うこともなく、ビールでほろ酔い、いい気分。

で、月曜日、とくに授業はなかったのですが、事務室に提出するものがあったり、明日の授業の準備の必要があったりということで登校。もちろん、7月20日は大國魂神社「すもも祭」ということで、府中によるのを忘れませんでした。今年もからす団扇とからす扇をゲット。これで、この夏の厄除けは間違いありません。

とはいうものの、今日の午後になって口内炎がちょっと痛くなってきて、早く厄除けの効果が現われてくれないかなあ、と考えているこの頃です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

にほんごってむつかしい

新百合ヶ丘で開かれているんだそうです、「エルミのバーゲン」。思わず背筋が凍ってしまったのは僕だけですかそうですか(挨拶)。
(このネタが通じるのは、全国35人の読者のうち1人だけだと思いますが…)

年をとったせいか、いろんなことに腹を立てやすくなっていて、しかも小姑の如く目ざとくなっているので、自分でも手に負えません。

【にほんごってむつかしい:その1】
先日、某書店で本を買っていたら、レジ横に「平成21年度情報通信の安心安全な利用のための標語」というしおりが置いてあって、総務大臣賞はこの作品だそうです。
「フィルターは 優しい うるさい お母さん」
……ええっと、これだと、「うるさい」方が強調されてしまいませんか?一般に日本語は強調したいものを後ろに持ってきますから、これだと「フィルターって、優しいんだけど正直言ってうるさいよね」というネガティブな評価を下しているように読めてしまうんですが、これが総務大臣賞なんですかそうですか。まあ、この選考がなされた当時に総務大臣であったであろうH氏も、正義感は強いけどいささか抜け(以下略)

【にほんごってむつかしい:その2】
日曜日にぼーっとテレビを見ていたら、いまやっている戦隊ものはどうやら和風テイストのようで、変身するときに叫んでいました。「一筆奏上!!」
……あのお、「奏上」だと意味全く変わってしまうんですけど。参内もせずに、そんな野原で大声をあげて奏上してみたところで、九重の奥深くにおわしますやんごとなき御方の御聴許をいただけるとも思えないのですが。それにそもそも、あなた、無位無官でしょ?僕もそうですが(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »