« November 2009 | Main | January 2010 »

大晦日は悔いる日。

さて、今年も残すところあと1日となりました。そこで、今年の反省をしておこうと思います。

【研究】
 今年は、教科書・コメンタール類の執筆に多くを割いた年になりました。そのうち、年内に出た唯一の成果が商事法務のコンメンタール4巻(単元株制度の部分)でした。出版された後で誤字を見つけるという情けない状況ではありましたが。あと、目下校正中が2冊(「金融商品取引法入門」と日本評論社のコンメンタール(計算の一部))。
 あと、私法学会で報告しました。そのあとで2ちゃんねるでボロボロにされましたが(ようやく笑って言えるようになりました)。
 研究論文は…来年がんばります。とりあえずネタは2つほど考えていますが。

【教育】
 今年は、勤務校で法学部の会社法1(4単位)、商学部の会社法Ⅰ・Ⅱ(各2単位)、専門演習3つ(ビジネス・プランニング、法と経済学、法と交渉(後期のみ)の計10単位)、導入演習1つ(4単位)、通信教育部で会社法の短期スクーリング1回、非常勤で経済学部の商法(4単位)、および社会学科の企業法(2単位)を担当しました。
 達成感があるのは短期スクーリングだけで、あとはどれも中途半端に終わってしまった感じがします。特に非常勤の2つの講義は、どちらも受講生の積極的な反応を引き出すことができないままに終わってしまいそうです。
 ゼミも、楽しかったのはいいのですが、学生の頭の中にどれだけの知識・経験を残すことができたかと考えると、否定的な評価をせざるをえません。もっとスパルタ式にやらなければいけなかったのかもしれません。

【その他校務】
 今年、一番忙しかったのはここです。労働組合の役員を1年間勤めましたが、おかげで前期はまるまるつぶれてしまいました。ここでの余裕のなさが、後期の授業崩壊につながってしまったのかもしれません。
 もっとも、労組以外にはあまり引き受けていないので、あまり大きな顔はできないのですが…。

【プライベート】
 何もありませんでした。無事是名馬。もっとも、サッカー・フットサルの審判をしなくなってしまったので、だんだん体力が落ちているということは実感しています。来年はすこし余裕ができそうなので、フットサルだけでも復帰しようかなあ。


さて、今年の日記はこれで書き納めにしようと思います。今年もいろいろと愚痴・たわ言・そのほかにお付き合いくださいましてありがとうございました。来る2010年が、みなさんにとって良い年でありますように。そして来年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

年内の予定、ほぼ終了

今日、1泊2日のゼミ合宿@山中湖から帰ってきました。来年から入ってくるゼミ生も交えての合宿。本当は来年の2月か3月位にやりたかったのですが、現3年生の就職活動が本番に入ってしまうので、このタイミングでしか実現できませんでした。ただでさえ忙しい年末に学生を拘束してしまったのは申し訳なかったのですが……就職協定、復活してほしいです。

合宿の内容は、経営学の文献を購読してとにかくパワーポイントにしてください、という単純なもの。3週間前に資料も渡したし、どんなに多い班でも30頁くらいだし、4時間もあればできるだろうなあ、と思っていたのですが、案外かかってしまいました……。準備のさせ方がゆるかったかなあ、とちょっと反省しています。ただ、多少はきついことをしてもらわないと伸びないので、課題設定そのものは良かったのではないかと思っています。

昨日は結局11時過ぎくらいまで勉強して、そのあと飲み会に突入して、僕はもう2時過ぎくらいにリタイアしたのですが、7時に起きたら「これから寝ます」という学生がいてびっくり。そして彼/彼女らが10時には起きてきて元気にバレーボールをしているので2度びっくり。さらに、東京に戻ってきたら「これからカラオケに行きます」という学生がいて3度びっくり。みんな元気だなあ。そして遊ぶことに貪欲だなあ。それくらいの貪欲さを(以下、野暮なので略)

この合宿を、学生たちも楽しんでもらえたのなら、うれしいのですけど。そして、今回やった内容が学生に定着してくれたらもっとうれしいのですけど。春学期は、いきなりケーススタディから始めようかなあ。

それにしても、久しぶりに富士山を間近で(ただし裏側からだけど)見て、やはり富士は秀峰であると再確認しました。夕闇に沈みかかった富士、朝日に輝く富士、やはり「富士は日本一のやま」です。

さて、これで年内の予定はほぼ終了しました。明日からは大掃除や年賀状の準備など、年末年始の恒例行事が目白押しになっていきます。

【昨日と今日のご飯】
昨日朝:ごはん、味噌汁(ねぎ+豆腐)、納豆、崎陽軒のシウマイ
昨日昼:サンドイッチ、菓子パン
昨日夜:ハッシュドビーフ、白身魚のグラタン、ごはん、スープ
今日朝:ごはん、味噌汁、鮭の切り身、温泉卵、切干大根の煮つけ
今日昼:炊き込みご飯、冷奴、漬物
今日夜:かにと煮穴子の天丼(てんや)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

重量挙げの大会を見に行った。

導入演習のゼミ生が出場するというので、新杉田までウェイトリフティングのインカレ大会を見学に行った。受付らしい受付がなかったので一般の見学ができるのかどうかわからなかったけど、勤務校の部員を捕まえて「○○くんの応援で来たんですけど…」といったら、丁寧に案内してくれた。

ウェイトリフティング競技をナマで見るのは初めてだったのだけど、なかなか面白い。競技者は名前をコールされてから1分以内に試技を始めなければならないのだけど、結構テンポよくコールされていくので、見ていてダレない。それに、1人3回の試技のうち、最初に失敗しても次に重量を上げることは可能なので、相手の状況を見て重量を上げるという駆け引きの要素もあるようだ。駆け引きをちゃんと理解するには「誰が何キロ挙げたか」を記録していないとならないのだろうけど、おざなりな見方でもそれなりに分かって楽しい。

競技を見ていると、選手ごとに持ち上げる前の動作がいろいろあって、それはそれで楽しめる。バーを握ったら比較的早く試技に入る選手、バーを握ったまま時間ぎりぎりまで集中を高めていく選手、何度も何度もバーベルを前後にゆする選手など、その人なりのジンクスなり集中儀式なりがあるんだろうなあ、と思わせる。「おおきく振りかぶって」の叶くんが打席に入るときシーン(2巻…だったかな?)を思い出したりして。

それと、競技の雰囲気がなんとなく大相撲に似ている。選手がバーの前に立つとしばらくは同じ大学の人から声援が飛ぶのだけど、ある一瞬を過ぎると突如としてシーンとなる。まるで、大相撲の大一番の時、それまではやかましいほどに掛け声がかかるのに、両力士が手をついた瞬間に静まり返るような感じ。リフティングも、やっぱり格闘技なのだなあ、と思った。

うちのゼミ生は、残念ながらクリーン&ジャークで記録なしに終わってしまったけど、おなじ勤務校の学生が優勝したのでよしとする。それにしても、表彰式が始まっているというのにざわざわと帰り支度を始める他校のチームの人たち、なんなんだろう。他人に敬意を払えない人は、自分にも敬意を払ってもらえないぞ。

【今日のご飯】
朝;カレーライス
昼;ノリ巻き、味噌汁、ケーキ
夜;マックのベーコンポテトパイ、コーヒー

| | Comments (3) | TrackBack (0)

こんな日は誰も手伝いに来てくれるはずはない

クリスマスイブとはいえ、平日だし、年も押し詰まってきたので、お仕事。短い校正を1本終え、著書のご恵贈に礼状を書き、後は研究室の片づけ。1人だと全然はかどらないけど、こんな日に手伝いを頼んでも、誰も来てくれないだろうし…。食器類を漂白し、終わった授業のレジュメや古い書類、たまりまくった段ボール箱などを処分したところでタイムアップ。本棚の中身の整理は、後日になってしまった。多分、来年の仕事になるだろう。

片付けの合間に、来年度の講義要項を3本執筆。来年はゼメスターになってから初めて会社法のファイナンス部分を担当するほか、金商法の講義も初担当する。金商法は、14回でどこまで話せるのか、話しても分かってもらえるのか、かなり不安。でも、やるしかない。そのためにも、この年末年始で金商法の教科書の担当部分の初校をできる限り進めておきたいところ(と、さりげなく教科書を宣伝)。

で、そういった仕事類などいろいろ持ち帰ったら、荷物が重くて重くて、仕方ないので駅からタクシーを使って帰る。大雨でもなければ怪我してもいないのに、タクシーを使うなんて贅沢…。

それにしても、そういう目で見てしまうからなのかどうなのか、男女で歩いているのを見るとなぜかカップルに見えてしまうイブの夕方。まったく季節外れではあるのだけど、「圓山へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき」という与謝野晶子の歌を思い出してしまった。いまごろは、みんな楽しんでいるんだろうなぁ…ストッキングかぶってる人もいるだろうけど。

【今日のご飯】
朝;カレーライス
昼:サンドイッチ
夜:カレーライス
昨日、思い立ってカレーを作ろうと思ったのだけど、豚三枚肉の処理をするのを忘れたまま煮てしまって、脂肪が「これでもかっ!!」とばかりに浮いてきてしまったので、一晩おいて油を固めて除去してからカレーに。作ったばかりのカレーと、半日たったカレーを比べてみたのだが、どうも作ったばかりのほうがおいしかったような気がする。香りが飛んでしまったからか?ケーキは明日食べることに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

何を意味するの?

勤務校の125周年記念行事の一環で浮世絵展が開かれている(at渋谷)。その関連で浮世絵に関する講演会が学内で開かれたので、聴きに行ってきた。画像を見せながら、年代ごとの描線の違い(年代が後になるにつれて、彫りの技術の発達で線が細くなる)、あるいは彩色の違い(手塗りから、だんだんと色版が多くなっていく)があることなど、いろいろ興味深かった。なかでも面白かったのは、判じ絵や隠喩。たとえば出版規制が厳しかった折、芸者の名前を版面に出せないため、判じ絵で示したり(龍と蛇で、船の櫓と香台とで「辰巳芸者の『ろこう』」を表すなど、ひとひねりが。広重の「名所江戸百景」のなかの「酉の市」は、浅草田圃の真ん中を鷲神社から帰る人の行列を、吉原の二階から猫が眺めているという有名な図だが、画面のわきには屏風が立てられ、そこからのぞく簪には熊手にあしらわれたお多福と松茸。これが何を意味するのか…これ以上は書けません。

【今日のご飯】
朝:目玉焼きモーニング(高幡不動・ジョナサン)
昼:メンチカツ付きドライカレー(生協2階)
夜:高菜豚骨ラーメン(生協1階)

自宅でご飯を作るほうがいいのはわかっているのだが、ちょっと忙しくて、三食とも外食にしてしまった。なにしろ、経験上、テストの採点は、ジョナサンで朝食を食べながらするのが一番はかどるので…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

かもねぎ

なんだか疲れが抜けないままに、今日も今日とて非常勤。朝起きて、ボーっとした頭で電車に乗り、非常勤先に着いたはいいけれど、なかなか頭の回転が始まらず、最初の45分はひたすら噛みまくり。こんなに調子の出なかったことは初めてです。レジュメ2ページで1コマかかってしまいました。受講生のみなさんごめんなさい。もっとも、1時限目とは言え、授業開始に8人しかいないと、さすがに萎えますが…

で、午後からは労働組合の最後の役員会。あとは来週の定期総会と、その次の週の引き継ぎを残すのみです。短いようで長かった…。最後の会議はやけにアッサリ終わりましたが、感慨深いものがあります。

【今日のご飯】
朝:ごはん、味噌汁(インスタント)、生卵
昼:サンドイッチ、野菜ジュース
夜:鴨鍋

鴨鍋は、当然のことながら、スーパーで半額になっていた鴨肉。ねぎと、やけに早く出回ってきたセリとですき焼きにしてみました。いやあ、おいしかったです。仕上げはうどんすきではなく、そばすき。市販のゆでそばは小麦粉のほうが多いですから、半分うどんのようなものですが、これはこれでおいしいものでした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »