« February 2011 | Main | April 2011 »

自己新記録

午前中、学生が相談したいというので研究室で面談。自分だったらこうするだろうなぁ、とは思っても、それを押しつけるわけにはいかないので、まあ慎重な物言いになってしまった。

で、午後は研究室で引越しの荷造り。段ボールが足りなくなりそうなのでネットで注文しようかなあ…と思ったら、地震。最初は「ほほお、結構揺れやがる」とか思って悠長に構えていたんだけど、普通だったらそろそろ収まるタイミングだろうという頃になってますます揺れるので「これはヤバイ」と思って机の下に隠れる。本当はドアを開けるのが第1なんですが、荷造り中で段ボールが見事に障害物になってしまった…。あとは、コーヒーがこぼれて雑誌が汚れたくらい。他の先生方のなかには本棚が倒れてきて閉じ込められそうになったり、逆に本棚でふさがれてしまって研究室に入れなくなったり、いろいろ大変だったみたい。

で、すごかったですねー、こわかったですねー、大丈夫ですか、なんて談笑して、研究室の片付けを再開しようかと思ったら「外に避難してください」と放送が。地震が来てから15分はたってたぞ、遅すぎないか?ともあれ、指示通りに避難。1時間ほどして避難指示が解除になったので、建物内へ。

しかし、京王線が動き出したら帰ろうと思っていたのに、いつまでたっても動く気配がない。仕方がないので、歩いて帰ることにした。幸いバスは運行再開していたので、堰場から聖蹟桜ヶ丘まではバスに乗っていく。そしてちゃっかり京王百貨店で閉店間際のお総菜を2コ500円でゲット。どうやら投げ売りだった様子。

で、あとは多摩川沿いにひたすらテクテク。なんだか、いつもより歩いている人が多かったような気がする。あとは橋という橋がすべて渋滞(是政橋だけ南行きが渋滞、後は全部北行きが渋滞)。こういうときにヒッチハイクとかしたら楽なんだろうけど、多分日本人は乗せてくれないからね。で、聖蹟から家までやく2時間20分で到着。携帯の万歩計を見たら、23000歩になってたよ。自己新記録だ。

| | Comments (89) | TrackBack (0)

薄い、薄いよう

幸せがね…(激しく違う)

久しぶりに自宅を片付け中なのですが、どうもホコリにやられたか何かで鼻と喉が痛くなってしまい、急遽耳鼻科へ。また余計な医療費使っちゃったよ。外をぶらぶら歩いても目はかゆくならないから、花粉症ではないと思うんだけど、そう思いたいだけかも。

で、午後になって交渉ゼミの学生2人がケーキをもって遊びに来てくれて、自宅で紅茶を飲みながらいろいろとおしゃべり。ゼミ生が遊びに来るなんて3年ぶりくらいだわ-。いや、もっと暇だったらお菓子とかカレーとか作って待ってたんだけどねえ。

3年生のCくんが夕方から就活というので、調布の駅までお見送りして、残ったOくんとビリヤードへ。これまた1年ぶりくらいかなあ。久しぶりの割にはそこそこ打てたと思うんだけど、球当たりがことごとく薄くて、狙ったよりも浅い角度で曲がってしまって、もうなんだかへべれけでしたよ。クッションの仕方とかも忘れてしまったし、こりゃまた少し頑張らないといけないかなあ。2時間ほどやって、トマトもつ鍋を食べてきました。

| | Comments (24) | TrackBack (0)

こんどは北へ。

マナさんは、僕のことなんか嫌いなんだ(挨拶)

さて、今日は研究会@北大でした。K先生が「市場と法」というタイトルでお話ししてくださいました。取引ルールが完全に執行可能であれば業規制ルールはいらない、というのはその通りだと思ったのですが、実は例としてあげられていたもののなかには「取引ルール v 業規制ルール」というよりは「取引ルール v 取引ルール」というのもあったよなあ、というのが酔っぱらった頭で思い返してみての感想。いや、これは愚鈍な頭での回想なので、K先生の真意を誤解しているのかもしれませんが。

| | Comments (30) | TrackBack (0)

足りないなあ

法の経済分析ワークショップ@佐賀。佐賀に来てみて思ったのは、「似ている・・・」(from ちゅらさん)。どこと似ているかというと、宇都宮。元繁華街の寂れっぷりが似ているわけです。やはりモータリゼーションの影響って地方都市に行くほど大きいんだなあ、ということを実感しました。

さて、今回のワークショップではじめて報告をしたわけですが、やっぱり自分は思いつきでしか仕事していないなあ、と感じたのはK先生から「この報告はどこへ向かっているの?」という質問を受けたときです。白状してしまうと、正直あまり意識せずに書いてました。とはいえ無意識で問題範囲の設定はあったのですが、そこを事前にきちんと意識化していないというのは、研究者としては不備なのかなあ、と。

とはいえ、いろいろと示唆をいただくことも多く(とりわけ雑談から)、昼も夜もとても充実した合宿でした。M先生、ありがとうございました。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »