« March 2011 | Main | May 2011 »

いやあ、めでたい。

この週末、ゼミの教え子の結婚ご披露があって、名古屋に行ってきました。教え子の披露宴に呼ばれるのは、これが初めてでした。

出席者リストを拝見すると、どうやら私めが最年長…えええええ。このことからも分かるとおり、あまり堅苦しくない、楽しい披露宴でした。でも、出席者のうち一番最後に来たのがうちのゼミ生だった(しかも10分遅刻)というのは、もう仕方ないね。うちのゼミ、昔から時間にルーズだったもんね。抽選会でOくんが美顔器を引き当ててしまったのは、まあ相変わらず「持ってる」ね、という感じ(あとで女性陣に取り上げられてしまいましたが)。

ご披露のあと二次会、三次会とおつきあいしたのですが、某金融機関のノリを垣間見てしまいました……恐るべし。ジェネレーションギャップもあるだろうけど、やっぱり金融機関に就職してたらついていけなかっただろうなあ、と思います。

ちなみに、名古屋でも「山手線ゲーム」でした……「名城線ゲーム」じゃないんだ(笑)


で翌日、ご披露に参加したゼミ生のうち証券アナリスト試験を受けに行ったOくん(わざわざ受験地を東京から名古屋に変えたらしい)を除く6人で、熱田までひつまぶしを食べに行きました。お店に着いたら60分待ちということで、その間に熱田神宮にお参り(え?)。お参りを済ませてみんなで写真を撮っていたら、見知らぬおじさんが「パワースポットに連れて行ってあげよう」と声をかけてきて(おそらく女性陣を目にしてのことだと思いますが)、祈祷所のわきから奥の方に連れて行ってもらいました。見上げるほどの椿の林、樹齢1400年の大楠のさらに奥にあったパワースポット、それは美肌の泉でした。落ちくぼんだ洞から水が湧いているのは、まあ確かに女陰信仰とつながるのかもしれません。そろそろ頃合いというので「ありがとうございました」といったその直後に、そのおじさんは別の女性3人組に声をかけてました。誰だったんだろう、あの人は。

201104241223000


ひつまぶし(at あつた蓬莱軒本店)は、とても美味でした…。食べ始めたら、みんな静かになってしまいましたよ。ウナギは蒸さずに焼いているらしく、やや焦げ目のついたさくさくとした食感がたまりません。ご飯にたれがたっぷりとしみているのも高得点。薬味をかけて食べたら、本当に美味しかった…。大盛り(たぶんご飯が2合くらい)だったのですが、ペロリと食べてしまいました。ああ、また行きたい。

| | Comments (50) | TrackBack (0)

久しぶりに…

今日は朝から1日学校で授業準備。昼前に、退職金をつぎ込んで買ったレカロの椅子が到着。東急ハンズで30分座り続けて使用感を確認していたのでいい椅子なのは分かっていましたが、学校備え付けの椅子とはやっぱり違います。これで腰痛が少しでもよくなるといいなあ。

ところで、震災からこのかた、ずっとマーラーを聴かずにいたのですが、今日になって久しぶりに8番を聴きました。震災の前には9番とか6番とかをとにかく聴き倒していたのですが、震災後は聴くのが怖くなってしまって、封印していました。よく「9番は死の匂い」といわれますが(僕も送別会でU先生に言われた)、やっぱりそうなのかなあ、と。それに比べれば、8番は生の強さに満ちていますが、それでもやはりフィナーレ(「すべての儚いものは幻影に過ぎない」)あたりにくると泣けてしまいます。まだまだ涙腺が緩いみたいです。

まだ、9番を聴く勇気はありません…

| | Comments (363) | TrackBack (0)

どうしたいんだろう

そんな、フランス語でコメント書かれても、読めません(挨拶)


さて、ネットニュースで「歳費削減で手取り15万の議員も」という報道があって、案の定「これでも多すぎる」「もっと減らせ」「タダでもいいだろ」というコメントが多かったんだけど、ああそうですか、あなた方、今以上に政治献金に影響される議員を増やしたいんですね、と。

歳費というのは、議員が政治活動を行うのに十分な経済的基盤を保証するために支給するというのも趣旨の1つのはずで、なぜ経済的基盤を保証しなければいけないかといえば、1つには無産階級(古っ!)であっても有能な人材が議員として活動できるようにするため、もう1つはいわゆる「ヒモ付き」の金によって議員の活動に不当な影響が及ばないようにするためであると理解できる。この趣旨を強調するなら、歳費を削るということに慎重になる必要があるだけでなく、政治家が歳費以外の収入によって支えられるということに対してもっと警戒心を持たなければいけない、ということになる。

ところがまあ、「政治家はお金があるんだから」とか何とかかんとか言って政治家の経済的基盤を削れば、政治家だって人間だからご飯食べなければいけないし、きちんと情報収集とかをしようとすればそれなりにコストもかかるから、そのための費用をどこかから調達してこなければいけないわけで、でも日本では個人献金はほとんどないからまあ企業献金になっちゃうよねえ(あるいは宗教団体とか?)、と。でも、大学に東電から寄付金が行っているだけで大騒ぎする(しかもその大騒ぎに根拠がないことは名大の大屋先生のブログ「おおやにき」で明快に断じられてるのに)わりに、こちらのほうの問題は全然考えてないのかなあ、と思うと猛烈な違和感が。

結局、お金のある人しか政治に参加できないシステムを作りたいのかなあ。本当に優秀な人に来て欲しいのなら、むしろお金を積みましてでも引っ張ってこないといけないのに。昨今の状況だから歳費を削るのはやむを得ないと思うけど、「歳費はタダでもいい」なんていって批判している人たちは、この国をどうしたいんだろう?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

関西生活、約2週間

関西生活が始まって約2週間がたちました。ということで、とりあえず気づいたあれこれを箇条書きで。

・みんな、関西言葉をしゃべってる…(当たり前)
・自転車や自動車が曲がってくるタイミングが違う。東京だったら止まるだろう、というタイミングでも突っ込んでくる。なかなか怖い。
・建物の入り口でたばこを吸ってる人が結構多い。喫煙に寛容なのかな?
・ただ、生活リズムは東京よりゆっくりしてるような気がする。ラッシュも、最優等列車にさえ乗らなければ、悠々と新聞が読めるくらい。もっとも、ターミナルまで行かないので、梅田まで行くと実際はどうなんだろう。
・電車賃は高い。バス賃はもっと高い。

もっとも、僕の授業が始まるのは明後日なので、関西の人とのベタな接触(?)はまだありません。今後どうなるか。結構楽しみです。

【今日のご飯】
朝:フランクパイ、カフェオレ(ミスド)
昼:かやくご飯、味噌汁、白身魚の梅ネギ焼き、野菜のおひたし(阪大らふぉれ)
夜:牛丼・肉1.5盛り(すき家)

お肉を食べたくなって、すき家に初挑戦。まずくはないけど、「この味好きや!」とはならなかったな…。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ああ、ねむい

腰痛があまりひどくなる前に手を打とうと思い、昨日の午前中に、インターネットで調べた整体院に行きました。以前にも整体を受けたことはあるんですが、それとは違ってかなりソフトな手技。バキバキ、ボキボキと骨が鳴ることもなく、ほとんど無痛でしたが…

「明日も来て下さい」
「え、連続してやるんですか?」

ということで、お財布にはちと痛い。


しかしちゃんと効いているみたいで、昨日の午後、そして今朝と、かなり猛烈な眠気に襲われました。昨日の午後は研究室で授業の準備をしていたのですが、眠くて眠くてたまらなくなり、前任者がおいていってくれたソファーベッドで1時間ほど昼寝をしてしまいましたよ。ああ、ありがたや。

そして今日もまた行ってきました。先生のお話によると、「背中の湾曲が浅くなっている」「首や肩にもかなり無理が溜まっている」「右足首に捻挫の後遺症がある」などなど、かなり身体がひずんでいた模様。そうか、歪んでいたのは心だけじゃなかったのか(笑) 今日もだんだん眠くなってきました…。


ところで、今日は統一地方選挙の第一次投票日でしたが、投票に行きませんでした、というか行けませんでした。引っ越したばかりなので投票権がありません。選挙権を得て以来、選挙で投票しなかったのは初めてです…(涙)

【今日のご飯】
朝:ごはん、味噌汁(九条ネギ)、ちりめん大豆、カレー納豆
昼:みかん、お団子
夜:三つ葉とえびのマロニーちゃんスープ、粉ふきいも

近所のスーパーでカレー納豆なるものを売っていて、この前まで姪っ子を連れてこちらで骨休めをしていた姉と母が「おもしろい」といって買ってきたのですが、そのまま残して千葉に帰ってしまったので、仕方なく食べてます。納豆のタレがカレー風味。食べられなくはないんだけど、好んで食べたいとは思わない味。でも、あと1パックある…(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ああ、びっくりした

関西生活の感想はまた追い追い書くとして。

帰ってきて、駅前のデパートで売ってた京都の地ビールを飲んで、さあお風呂にでも入ろうか…と洗面所に入ったら、巨大なクモが!!

201104071934000


上の写真はちょっと見づらいですが、水道のノブと大きさを比べていただければ、だいたい分かるでしょう。しかも、毛がモサモサ生えてました。思わず「ひゃー」と声を上げてしまいましたよ。これって、関西スタンダードなの?そうなの?

無駄に殺生はしたくないし、こんなに大きいと一撃じゃ死なないだろうし、それにいろいろ飛び散って壁紙汚したらあとで敷金返ってこないぞ、というわけで、どうやって外に出そうかを算段しました。

最初はプラスチック容器をかぶせて下敷きでフタをしようとしたのですが、かぶせようとすると案外すばしこく動くので、かぶせられません。で、仕方ないので、60cm定規でクモの隣をトントンたたき、窓の外で追い出す作戦へ移行。洗面所→台所→居間と8mくらい移動していただいて、何とか外へお出まし願いました。終わったときには、酔いもほとんど醒めてしまいましたよ。

それにしても、クモさんはどこから入ってきたんだろう、といぶかしんでいます。別に今日は窓を開けっ放しにしてなかったので、換気扇か排水孔か、そういうとこから入ってきたんだろうと。そうなると、今後もこういうことが予想できるわけで、心の準備をしておかないと…はぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

4月1日

春になりました。大阪に来ました。
201104010841000


| | Comments (7) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »